GO!GO! SILVER!

長くて短いアメフトシーズン。


今週から始まった社会人アメフトのXリーグ。
今日はアサヒビールシルバースター対ROCBULLの試合を川崎スタジアムに見に来ました。
シルバースターにとっては開幕戦です。

試合は6 – 27でシルバースターが勝利しました。
しかし見ている限り決して満足のいく試合ではありませんでした。


全体的に試合の流れはROCBULLのほうが支配していたように思います。ファーストダウンを繰り返して相手ゴールに徐々に迫ってゆくという攻撃があまりみられませんでした。それにミスによるターンオーバーや反則が多くみすみす得点の機会を自ら手放していました。ミスがなければ少なくともあと2タッチダウンはとれていたと思います。
前半は波木が後半は有馬がQB(クォーターバック:アメフトでの攻撃の司令塔役)をつとめましたが2人とも出来はもう一つだったと思います。ところどころいいプレーはでるのですがそれが続かずシリーズとしての組立ができていませんでした。プレイコール(1回の攻撃で行う作戦)が相手に読まれていたり、プレイの呼吸が合わなかったりした場面も多く見られました。
逆にROCBULLは開幕戦に照準をキッチリとあわせてきたところがあり、じわじわとゴールへ迫ってゆきます。ただロングゲインをとれるプレイが少なかったのと、シリーズのスタートポジションがあまりよくなかったため得点に至りませんでした。
ただプレイがきれいに決まったときのシルバースターのゲインはさすがのものでした。これはタレント揃いのチームだったからだと思います。特に試合終了間際にあげたタッチダウンは次の試合につながるでよい攻撃でした。
でもこのままではファイナル6(プレイオフ)進出は危ういです。早急にチーム内のコミュニケーションをよくして立て直す必要があります。
次のオール三菱ライオンズ戦まで2週間。シルバースターがどうアジャストしてくるかが見物です。

Pocket