[`evernote` not found]
Pocket

やはり価格は一つの武器ですね。
CNET Japanの『ソフトバンクモバイル、純増でKDDIを抜いて1位に–5月の携帯電話・PHSの契約数』より

電気通信事業者協会(TCA)は6月7日、2007年5月末時点の携帯電話・PHSの契約数を発表した。
(中略)
事業者別契約数では、NTTドコモグループが純増数8万2700件で累計5276万9600件、auとツーカーを合わせたKDDIグループは純増数13万8500件で累計2857万6200件だった。このうち、auが純増数22万1600件で累計2790万2000件、ツーカーは純増数8万3100件の減少で累計が67万4200件となっている。ソフトバンクは純増数16万2400件で累計1623万4500件だった。

ソフトバンクモバイルが初めて月刊の契約者純増数においてトップに立ちました。
しかもNTTドコモとはダブルスコアに近い16万件の契約者増加を果たしています。
これは多分にホワイトプランやWホワイトという安価なプランが評価されたからでしょう。
CNET Japanの別記事である『ソフトバンクモバイル「ホワイトプラン」、500万件突破』が示す通り、¥980.-という価格が呼び水になっているものだと思います。でも実際には¥980.-で収まる事は余程上手に使わないと無いのですけどね。
ただしソフトバンクモバイルの純増数には一つからくりが有って、「スーパーボーナス」の利用者は最大2年以内の解約において端末料金支払いのペナルティが有るので、解約したくてもペナルティを嫌がって契約を仕方なしに寝かしておくユーザが存在します。ですので見かけ上の契約者数が増加する事になります。
しかもここ最近のソフトバンクモバイルは価格の他に魅力的な端末を取りそろえ始めているので、価格と端末に魅力を感じるのなら選択の余地はあると思います。ただ3Gの電波状態はいくぶん改善されているとは言え、まだまだ不安定なところも有ります。
ソフトバンクモバイルを利用してみるのなら何が有っても2年間は解約できない覚悟を決めて契約するか、周りのソフトバンクモバイルユーザに状況を聞いてから契約するのが賢いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation