Zuneは公開されたけど魅力は薄い?

先日のiPodにつづいてマイクロソフトのミュージックプレーヤ「Zune」が公開されました。ただし価格などはまだ発表されていません。
スペック的には3インチの大きめのディスプレイとWi-Fi(無線通信)を内蔵しているところが特徴です。マイクロソフトとしてはWi-FIによる楽曲共有を売りにしていきたいようですが、本質的なメディアプレーヤとしての特徴は何もなくディスプレイの大きさも他社から大きなものはいずれ出てくるでしょうから、Zuneを買いたいと思わせるものはあまり見当たりません。
iPodの場合はデザイン、iTunesの操作性、iTunes Storeの存在、 価格など優れているものが多く音質的には決して優れているとは思えませんが「買いたい!」と思わせる魅力がたくさんあります。
後発のZuneが先発の製品よりよりすぐれたサービスを展開して初めて購入意欲がわくという事をマイクロソフトは理解しているのでしょうか?もしわかっているのならZuneのハード的な仕様より価格やオンラインショップ「Zune Marketplace」の情報を公開して欲しい物です。
このままではiPodの後塵を拝する事になってしまうのではないでしょうか。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。