Zaurusは「漢」のPDAか?

昨日からZaurusの環境構築を行なっています。もちろん最終目標はmoblog端末です。
昨日からずっとハマっていたのはZaurusとWX310K(京ぽん2)とのBluetoothによるインターネット接続です。原因は自分の認識違いだったのですが、繋がってからも何となく不安定なところがあります。
Zaurusの標準環境(Qtopia)での環境構築を行なっているのですが、ブラウザやメーラはメーカからのバージョンアップがここ数年行われていなく機能的に不足している事が多いです。スケジュールなども標準機能のままでは使い勝手が良くなく、フリーウェアなどで凌げなくは無いですが、このあたりがW-Zero3に比べてメーカの力の入り具合が弱いような気がします。
ひょっとするとSHARPはソフトの開発力は弱いのかもしれません。ソフトウェア部分は外部からの購入で賄っているとも噂されているので、コスト削減でバージョンアップが行われていないのかとも勘ぐってしまいます。
一方標準環境を完全に放棄して、Linuxレベルからシステムを入れ替える方法がZaurusにはいくつかあります。当然メーカ保証はありません。そこまで環境を入れ替えるとFirefoxやThanderbirdといった高機能なソフトウェアが利用できるようになります。もちろんそこまでシステムを組み上げるには知識と手間暇が必要です。
今はとありあえず標準環境ベースに優れたテキストエディタがあるので、システムを入れ替えるつもりは無いのですが、RSSリーダや画像編集などの環境が弱く、もともとハードにカメラが無い事からデジカメとの連携にも仕掛けを考えなければいけません。
全体的な使い勝手が良くなければ入れ替えも検討しなければいけないでしょう。それでもだめならわが家のガジェット生き残りには難しいでしょう。
Zaurusは標準機能でビジネスに徹して使うか、がちがちのLinux環境を構築して使う「漢(オトコ)」が使うPDAなのかもしれません。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。