Zaurus 設定作業(7):ターミナルで日本語を利用する

これからZaurusのCUI(キャラクターユーザインタフェイス)環境でプログラミングができる環境を構築します。目標としてRubyのソース作成と実行ができる環境を構築します。

ところがコマンドラインで日本語入力する事がデフォルトではできません。ソースコードを書く際に日本語のリテラルやコメントが書けないと結構不便な事になります。またGrepなどで日本語を検索したいと言う事もあります。

そこで設定を変更する事でQPOboxからコマンドラインに日本語を入力できるようにしました。

まずエディタで/home/zaurus配下に.inputrcというファイルを作成します。

ファイルの中には以下の内容を記述します。

set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on

ファイルの中身が正しく記述されている事を確認したら、Zaurusを再起動します。

再起動後はターミナルにて日本語が入力可能になります。

ただし日本語が通るようになりますが、一部のの日本語ファイル名が正しく表示されない事があります。これはターミナル内が日本語EUCを日本語文字コードとして扱っている事に対して、GUI(QT/Desktop)ではShift-JISコードを日本語として扱っている事が原因のようです。

私はファイル名に日本語を利用しない人なので、実用上支障はありません。だから放置しています。

Pocket