Zaurus 設定作業(4):ノーブランド無線LANカードを認識させる

PDAは通信環境を備えると利用用途が格段に増えます。手始めにZaurusを無線LANに接続することにしました。

利用したのはヤフオクで落札したノーブランドの無線LANカードです。なぜノーブランド品にしたかと言うとZaurusで利用できるCFサイズの無線LANカードの入手性が良くないからです。あとこのノーブランドカードが汎用性の高いprism2互換品であるからです。

ZaurusLan01.jpg

このカードをZaurusに認識させます。

まずZaurusのCFスロットに無線LANカードを装着します。ステータスエリアにCFアイコンが表示されればカードの存在は認識できています。

この時点でターミナルを開き、ルート権限を持ったユーザにて「cardctl ident」コマンドを実行します。コマンドを実行するとカードスロットに装着された物をどのように認識しているかが表示されます。この認識結果に「function: 6 (network)」が表示されていればLANカードとして認識されています。このときHDD内蔵ZaurusですとHDDも同時に認識されるので合わせて表示されます。

LanCtrl.bmp

ただしく認識されているようなら認識結果のproduct Infoとmanfidを控えておきます。

次に適当なテキストエディタで/home/etc/pcmcia/wlan-ng.comfを開きます。私は慣れているviで行ないましたが、他のテキストエディタでも可能だと思います。ただし必ずルート権限で実行する必要があります。

wlan-ne.confを開いたらファイルの最後に次の3行を追加します。

card "Wireless LAN 11Mbps PC Card"
manfid 0x0156 , 0x0002
bind "prism2_cs"

ファイルをを閉じて、一旦カードを取り出します。

カードを取り出してからZaurusを再起動してください。Zaurusが立ち上がったら無線LANカードを装着します。この後はネットワーク設定画面で無線LANの設定を行なってください。設定途中で「認識できないカードです」と表示された場合は無視してそのままセットアップしてください。

設定が正しければ無線LANが利用できるようになります。

今回の作業は多少手間がかかることやprism2互換のCF型LANカードを入手しなければいけないなど面倒です。

このエントリを書いている最新の情報ではamazonで安く販売されているPlanexのGW-CF54Gを利用する方法をぷちのいずさんが開発されています。このLANカードだとiEEE802.11gが使用できるので高速通信が可能です。入手性もいいので、こちらの方法をお勧めします。(ただしまだSL-C7xx、8xxには正式対応していません)
私もカードを入手したら試してみるつもりです。

Zaurusが通信環境を得ることでインターネットを利用でき、世界を広げることができました。

Pocket