Zaurus 設定作業(2):KeyHelper Applet

Linux Zaurusを使う上での定番ツールと言えるKeyHelper Appletをインストールしました。KeyHelper Appletにて標準ではできないキーのカスタマイズやマクロ動作ができるようになります。

KeyHelper Appletは「LinaZau ToolBox」内のKeyHelper Appletのページにて配布されています。

私が行なったカスタマイズは次の通りです。

  • Fn + o で { 、Fn + p で } を入力
  • Shift + Home でタスクセレクト
  • Shift + Menu でタスクスイッチ
  • 全/半 でQPOBoxのOn/Off
  • Shiftキーのトグル化

設定はKeyHelper Applet配布ページで提供されている設定サンプルを元に一部書き換えて行ないました。
設定ファイルの内容は以下の通りです。

keyhelper.xml

<?xml version="1.0">
<keyhelper>
<modifiers>
<define key="F26" type="Control">
<release key="F31"/>
</define>
<define key="F12" type="User1">
</define>
<define key="Shift" type="Shift" toggle="True"/>
</modifiers>
<mappings>
<define code="2015">
<map key="Less"/>
<map_modifier Shift="On"/>
<map_unicode char="{"/>
</define>
<define code="2016">
<map key="Greater"/>
<map_modifier Shift="On"/>
<map_unicode char="}"/>
</define>
</mappings>
<repeater>
<repeat delay="300" period="35"/>
</repeater>
<extensions>
<define key="F12" kind="select">
<modifier Shift="On"/>
</define>
<define key="F11" kind="switch">
<modifier Shift="On"/>
</define>
<define key="F21" kind="launch">
</define>
</extensions>
</keyhelper>

keyhelper.comf

[Global]
[Launch]
D = Applications/datebook
K = Applications/embeddedkonsole
T = Applications/todo
M = Applications/textedit
F21 = @qcop	QPE/QPOBox show()

上記2つのファイルを/home/zaurus/Settingsに保存して、コンソールから「khctl reload」を実行すると設定ファイルがリロードされてカスタマイズが有効になります。

これでキー入力が快適になりました。

Pocket