W-ZERO3でWindows Liveと高速化の追加サービス

W-ZERO3でWindows Liveと高速化の追加サービス

2007年4月11日
Mobile

ケータイWatchの『W-ZERO3シリーズ向けのWindows Liveアプリが登場』より

マイクロソフトは、Windows Mobile 5.0搭載の「W-ZERO3」シリーズ向け「Windows Live for Windows Mobile」の配信を開始した。
今回、W-ZERO3シリーズ向けに提供されるのは、インスタントメッセンジャーアプリの「Windows Live Messenger」、メールサービス「Windows Live Hotmail」、ブログサービス「Windows Live Spaces」、検索サービス「Live Search」の4種類。マイクロソフトでMSN関連事業を展開するオンラインサービス事業部と、ウィルコムの合意によって提供が開始された。いずれもブラウザでの動作ではなく、専用アプリとして配信される。

マイクロソフトがウィルコムと提携してWindows Liveアプリケーションを提供する事になりました。
機能的にはメッセンジャー(チャット)、WEBメール、ブログ、検索サービスの4つを専用アプリで提供するものです。
私はHotmail以外は使っていないので導入するかは判りませんが、Windows Liveをパソコンで使っている方には魅力的なソフトではないでしょうか。
またウィルコムからはW-ZERO3向け高速化サービスの提供もアナウンスされています。
ケータイWatchの『ウィルコム、「W-ZERO3」向けに高速化サービスを拡張』より

ウィルコムは、音声端末向けに提供中のパケット通信時の体感速度向上サービス「高速化サービス」において、さらに体感速度がアップする「W-ZERO3」専用ソフトを4月23日から提供する。
「高速化サービス」は、通信プロトコルや画像データを最適化することで、音声端末でのWebブラウジングの体感速度を最大200%まで向上させるサービス。今回新たにW-ZERO3向けの機能を拡張し、専用クライアントソフトをインストールすることで、移動時の体感速度やファイル転送時の体感速度が向上する。従来の「高速化サービス」よりも最大で150%向上するという。

今までも月額¥315.-で高速化サービスはウィルコムの端末向けに提供されていましたが、W-ZERO3専用アプリを提供する事でより最適化し体感速度を向上させる事が出来ます。
どちらも、明日から行われる「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて体験できるそうなので、新端末や新技術に期待しながら会場に潜入したいと思います。良いネタがあったらレポートしたいと思います。

Pocket