W-ZERO3[es]でBlogのエントリを試す

W-ZERO3[es]の小さな画面でBlogがエントリ可能かを試してみました。
使用したのは非公開のテストサーバにインストールしたMovable Typeです。
Esweb02ログイン画面
ログイン自体は何の問題もなく可能でした。
ログイン名とパスワードをキーボードから入力するとなると必然的に横画面になります。
ただここで一つ重大な問題がありました。


W-ZERO3[es]には推測変換付きATOKが搭載されていて入力した文字は全角半角かかわらず記憶してしまいます。そのためログイン名やパスワードも推測変換に取り込まれてしまい操作によってはログイン名やパスワードを見る事ができてしまいます。もしW-ZERO3[es]を紛失した場合にログイン名やパスワードが流失する恐れがあります。これは他のサイトにログインする場合も同等です。
回避方法としては推測変換を使用しないことです。通常ですと[es]の設定メニューで推測変換の解除をするしかありません。ただ半角文字入力時にのみATOKを解除するツールがあるそうなのでそれを使用すると回避可能かもしれません。このあたりは追って検証したいと思います。
エントリ画面に進んで文章を入力してみます。
ATOKのおかげもあって文字入力そのものに不都合はありません。
ただ画面が小さいせいでボールドやイタリックなどの文字修飾のボタンをスタイラスペンでタップするのに苦労しました。
Esweb03エントリ画面での入力の様子
その他に苦労したのはメインメニューからログアウトしようとすると「ログアウト」が見当たりませんでした。Esweb07ログアウトの見当たらないメインメニュー

理由はOPERAが勝手に画像を折り返してしまいログアウトの文字がほとんど隠れてしまうからでした。画面をよく見ると「ヘルプ」の下に「ログアウト」の文字の一部が表示されています。ここをタップすれば問題なくログアウトできました。
試した結果としてW-ZERO3[es]でのMovable Typeでのエントリは多少使いにくい部分がありますが充分可能です。
ただ文字修飾を行なうのならエディタで本文とタグを事前に入力しておき、コピー&ペーストでエントリ画面に貼り付けたほうが楽でしょう。
私の場合は一応モブログの仕掛けがあるのでそちらを使うことが多いと思いますが、一通りMovable Typeの管理機能が使えるのでブラウザからの編集も使う事があると思っています。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。