W-ZERO3[es]発表

ウィルコムのスマートフォンとしては第3弾になるW-ZERO3[es](WSH007)が発表になりました。
今までのW-ZERO3に比べて変わった点は以下の通りです。

  • フルキーボードを閉じた状態で56×135×21mmとストレート端末のようにスリムになった
  • 10キー(ダイヤルキー)が付いた
  • 無線LANはなし
  • USBホストサポートで周辺機器の接続が可能
  • クレードル(オプション)による充電をサポート
  • 内蔵カメラにマクロとQRバーコード読み取り機能がついた
  • 液晶が2.8Inch VGAと小さくなった
  • 連続待ち受け時間が最大500時間に改善された
  • ブラウザはIE MobileとOpera Mobile
  • 日本語入力にATOKをサポート

価格も新規で¥29,800.-、SIM無し単体購入で¥36,800.-と従来のW-ZERO3より安くなっています。
またUSBによるオプションではプリンタやワンセグチューナー、Bluetoothなどのサポートも計画中との事。
内蔵無線LANや大画面を取るならW-ZERO3、USBホストによるオプションの利用や電話機らしいスリムな端末なら[es]といったところでしょうか。
個人的には微妙な位置づけの端末ですが、実機を見たらW-ZERO3から機種変してしまいそうな気がしています。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。