W-ZERO3マイナーチェンジ

Mobile

本日、ウィルコムからスマートフォンW-ZERO3のマイナーチェンジモデルが発表になりました。
Image02
変化した点は次のようになります。

  • 本体メモリを256MBに倍増
  • 電子辞書機能のプレインストール
  • 色がガンメタリックとパールホワイトの2色
  • Windows Mobile OS5がマイナーチェンジ(メッセージング&セキュリティフィーチャーパック対応)
  • Intel Insideロゴが添付
  • 内蔵ソフトの改良

発売日は6/22で、製品名は「W-ZERO3」のままで型番がWS004SHとなります。
価格は新規購入で¥44,800.-です。機種変も10ヶ月越えなら同価格との事。W-SIM無しだと5万円ぐらいになりそうです。
今回の発表された内容と価格を比較すると、私の触手は全然動かないです。というか改良の為に5万円も出せないですね。既存ユーザからW-SIMのみそのままでジャケット部分を下取りしてくれるサービスでもあれば話は変わるのでしょうが。
もっとサプライズな変更があると思っていただけに残念です。
ただ今回の発表は法人に向けての色合いが強く、音声端末の新機種はこの後も控えているようなので、次回に期待しましょう。
参考:ウィルコムの製品情報Willcom NEWSさん

追記:日経BPに「W-ZERO3使う企業向けサービス、ウィルコムが8月開始」という記事が掲載されている。今日の発表会はどちらかというとこれがメインだったのかもしれないですね。それなら単なるマイナーチェンジにわざわざ説明会を開いた意味もわかります。

Pocket