W-SIMに「青耳」登場

2007年4月5日

ウィルコムの小型PHSモジュール「W-SIM」の新しいモデルとしてネットインデックス製の「RX420IN」が4月10日から発売になります。
スペック的にはW-OAMによる高速通信機能に対応していて最高で204kbpsの通信が可能です。従来のW-OAM対応W-SIMであったアルテル製の「RX420AL」とは同じスペックといっても良いでしょう。
Rx420In S
RX420INはW-SIMの上部が青く塗られているので、今までの通例から考えると「青耳」と呼ばれるのが自然でしょう。
以前にとりあげたW-ZERO3とRX420ALとでの相性問題(通称:赤耳問題)がこのRX420INなら起きない可能性もありますね。
この辺りは青耳を入手した方のレポートを待ちたいと思います。
もし相性問題が起きないのなら、W-ZERO3で赤耳を使っている人へ無償交換するなど何らかのフォローをしてほしいですね。



あと今日4月5日からW-OAMはType-Gサービスが開始になっていますね。対応端末(今のところはPCカード型のみ)であれば最大512kbpsの速度での利用が可能です。
しかし通信系サービスには「イー・モバイル」という強力なライバルが出てきたので、ウィルコムにも端末やサービス、価格面でも頑張っていかないと厳しいと思います。
ただ音声と通信の両方を使う人はウィルコムはバランスがとれた良いキャリアなので、他のキャリアに負けずに生き残って欲しいですね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。