Winny開発者に地裁は罰金刑の判断

Winny開発者に地裁は罰金刑の判断

2006年12月13日
Computer

CNET Japanの記事より

ファイル交換ソフト「Winny」を開発し、著作権法違反(公衆送信可能化権の侵害)幇助の容疑を問われている元東大大学院助手の金子勇被告への判決が12月13日、京都地方裁判所にて下された。京都地裁は罰金150万円(求刑は懲役1年)の有罪判決を言い渡した。
 Winnyは中央サーバを持たずにユーザー同士がPtoPでファイルを交換できるソフト。このソフト自体は違法ではないが、Winnyを使って著作権者の許可なく音楽などのファイルを交換するユーザーが数多く存在することが今回の問題となった。

私はP2Pソフトを使わない人なのでWinnyはもちろん使った事がないから、第3者的にしかこの裁判を見る事ができないのですが、下った判決を見た限りで以下のことを思いました。

  • Winny作っただけで著作権法違反幇助ならうかつにソフト開発できなくなるね
  • ではどうしてWinnyを使った違法ダウンロードの方法を公開した雑誌が摘発されないのだろう
  • 今後Winnyや類するソフトを使用していた場合に罰則が下る時代が来る可能性はあるのだろうか

金子勇氏がどこまで著作権を意識してWinnyを開発したのかは知りませんが、抜け穴になる可能性があったのは知っていたでしょう。でもそれをどう使うかはあくまでもユーザな訳です。なら先に悪用したユーザを摘発するべきではないのかなと思うわけです。(それがWinnyの仕組み上難しいのは承知しています)
それ以上に、雑誌で「お宝ソフトやお宝ファイルがざくざく」なんて煽り文句で売り上げを伸ばした出版社がなぜ同じ著作権法違反幇助にならないのかわかりません。単純に検挙しやすいから開発者を狙ったのでしょうか?
一番怖いのはWinnyのようなP2Pソフトを何らかの形で非合法化してしまうような悪法が成立し、合法的なファイル交換まで禁止される暗黒時代がくるのが一番怖いですね。P2Pそのものはファイル交換の方法としては優れていますので非匿名なファイル交換システムはもっと普及してビジネスに使用されてもよいと思います。Napstarなどは良い例だと思います。それらまでが巻き添えを食ってしまうことは日本のオンライン文化を停滞させる事にしかならないと思います。
たぶん金子氏は控訴すると思うので最終結論はもっと先になると思いますが、一番悪いのは不正な利用をしたユーザであって私は金子氏には罪はないと考えます。
それを意地でも有罪にするのなら日本の著作権を取り巻く世界は著作権者が一方的に有利になり文化の停滞すら起きかねない事態だと思います。
公衆配信は無論ダメだと思いますが、正当な方法で所有した著作権物を個人の範囲内でなら加工できるぐらいの緩やかさがあってよいと思います。

Pocket