Windows Vistaの価格体系が明らかに

CNET Japanの記事によるとマイクロソフトが来年に発売予定の新OS『Windows Vista』の日本での製品体系と販売価格を発表しました。海外では6種類の体系で発売するようですが、日本では4つの製品体系でオープンプライスで販売します。
製品体系と通常版の参考価格は以下の通りです。

  • Windows Vista Ultimate(¥48,800.-)
  • Windows Vista Business(¥37,800.-)
  • Windows Vista Home Premium(¥29,800.-)
  • Windows Vista Home Basic(¥25,800.-)

4つの体系ですがXP HomeがVista Home Basic相当で、XP MCEがVista Home Premium、XP ProがBusinessに相当し、全部入りがUltimateになるようです。また企業向けにライセンスのみ販売する「Windows Vista Enterprise」が用意されます。
また10月26日以降にWindows XPがプリインストールされたパソコンやOEM版には優待アップグレードが準備されます。既に秋葉原ではOEM版の優待アップグレード販売が始まっているようです。
値段を見た感想は思ったより高値で出してきたかなと言う感じがします。
全ての製品が¥5,000.-から¥10,000.-は高いかなと言う気がします。
わが家の場合WindowsはMacintoshに比べて起動頻度が低いので焦ってアップグレードする必要性を感じません。というかWindowsマシンがほとんどゲーム専用になりつつあるのでXPで充分です。もしVistaでないと動かないゲームが出てきた時にはハードウェアもアップグレードしなければいけないでしょうから、その時に最新ハードと一緒に導入と言う事になりそうです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。