Windows Vistaは来年までおあずけ

CNETPC WatchなどによるとMicrosoftがWindows Vistaの一般向け出荷を来年1月まで延期することを発表しました。
コンピュータ関係はしばしばスケジュールが遅れますが、この遅れで迷惑を被るのは誰でしょう。
一般ユーザは新しい物好きの人やソフトウェア開発をしている人などを除くと、発売が遅れたところで痛手を感じる人は少ないでしょう。VistaのEFIサポートでWindowsとのデュアルブートを期待していたIntel MacユーザもすでにXPのブートを可能にしてしまったのでVistaを待つ必要もなくなってしまいました。
そうなると困るのはPCメーカでしょう。冬のボーナス商戦にWindows Vistaを搭載する事でセールスポイントにしようとしていたと思われますので、冬モデルの売りが無くなってしまったわけです。しかも次の春モデルにはWindows Vistaが出てくるのが確実なわけですから、買い控えも起きると思われるのでメーカにはショックでしょう。
今年の冬はメーカ関係者にはすでに寒い冬なのかもしれません。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。