Windows Mobileは普及できるか

CNET Japanの『オタク市場脱出をねらうWindows Mobile–いまや女性もターゲット』より

マイクロソフトは3月7日、「Windows Mobile」に関する記者セミナーを開催し、同OSを搭載した端末のビジネス状況などを説明した。
Windows Mobile搭載の携帯電話端末として国内で最初に登場したのは、2005年12月に発売されたウィルコムの「W-ZERO3」シリーズだ。発売当初は売り切れ続出となるなど、大ヒットとなったこの製品だが、マイクロソフト モバイル&エンベデッドデバイス本部 部長の梅田成二氏は、「この頃にW-ZERO3を入手した人たちは、1人でPCを平均2.8台、携帯端末を平均2.2台持っている、オタクと呼ばれているような人たちが多かった。それが今では市場が少し広がり、一般のビジネスマンでも持つようになった」と話す。

わたしもW-ZERO3[es]を所有していますが、通話の出来るガジェットとして便利に使っています。通常出かける時はW-ZERO3[es]だけの事が多いです。しかし私の場合は大のガジェット好きなので使いこなせていますが、普通の人には決して使いやすい端末とは思っていません。


使いやすくないと思っているのは標準で準備されているWindows Mobile 5.0の機能が一般の携帯電話に比べて使い勝手が良いとは思えないからです。例えば、以下の機能が不便だと思います。

  • 電話をかけるのに一々「連絡先」プログラムを呼び出さなければ行けない
  • HTMLメール(デコメール)が標準で使えない
  • テキストメモが簡単に書けない(Word Pocketを使う事になる)

結局カスタマイズが必要となり、それなりにWindows Mobileをいじること自体が楽しい人でないと使いこなせないことになります。逆に言えばカスタマイズさえしっかりすればとても便利なガジェットになります。『[es]のカスタマイズ』のエントリが良く読まれているのはカスタマイズしたい人の多さの現れでもあると思っています。
マイクロソフトは一般ビジネスマンへも普及してきたと言いますが、会社からの支給品として渡されたものが多くそれもWindows Serverとの連携やWord、Excelの編集などのために利用されているのが主な用途だと思います。
本当に一般に受け入れられるにはパソコン的な機能も必要ですが、より使い勝手のいい日本風の携帯電話的な機能が必要となるでしょう。
そうなるとWindows Mobileを使う必要性があるのか非常に疑問です。
Windows Mobileにも予定表(スケジュール、ToDo管理)など携帯電話より優れた機能もありますが、一般の人には携帯電話的アプローチからのスマートフォンの方が受け入れられると思います。
Windows Mobileを普及させるには日本の携帯電話がどのように使われているかをもっとマイクロソフトが研究し、日本にあったものを提供しないと思ったほどに普及しないと思います。
日本ローカルなWindows Mobileがどこまで提供できるかが鍵のような気がします。

Pocket