WILLCOM D4 Ver.L 発売で実質の値下げ

WILLCOM D4 Ver.L 発売で実質の値下げ

2008年8月28日
Mobile

この数日、モバイル系のニュースチェックしてなかったんで、今日は怒濤のエントリ予定。


ITmedia +D モバイルの『「WILLCOM D4」と大容量バッテリーをセットで——ウィルコム、「WILLCOM D4 Ver.L」を発売 』より

ウィルコムは9月4日から、「WILLCOM D4」と大容量バッテリーをセットにした「WILLCOM D4 Ver.L」を発売する。Microsoft Office 2007を非搭載とすることで、買いやすい価格におさえた。

ウィルコムから発売されているUMPC「WILLCOM D4」のバリエーションモデルとして「Ver.L」が発表にされました。発売は9月4日からで価格は一括購入だと¥97,700.-でW-Value Selectによる分割購入だと頭金¥8,900.-の24回払い¥2,100.-で総額¥59,300.-で購入できます。ただしPHSの月額基本料が別途発生しますので月額支払額は新つなぎ放題で¥3,880.-となりザクッと月¥6,000-で通信機能付きモバイルPCが購入できます。

従来モデルとの違いはMicroSoft Officeがバンドルされなくなったのとバッテリが大容量バッテリ付属になったことです。ただし従来モデルもキャンペーンで大容量バッテリが無料プレゼントされていたので、実質はOfficeの有無で約¥30,000.-の違いと言うことですね。

価格を下げて購入しやすくなったのはいい事ですね。個人的にも触手が伸びなくないのですが、今月の日経Linuxの記事ではLinux化するとPHS通信と無線LANが使えないそうなのでLinuxで運用するのはつらなので、購入には至らないだろうな。PHSと無線LANが利用できるディストリビューションが出たら、その時の経済状況で考えますね。

でも最近流行りのサブノートパソコンで今のところ最小なので、PCの持ち運びが多い方は購入候補にあげてみるのもいいかもしれません。

ウィルコムストア

Pocket