意外といいぞ、WILLCOM D4

昨日、病院の後に新宿のヨドバシカメラに寄ってみたところ7月11日から販売が開始される Ultra Mobile PC「WILLCOM D4」のホットモックが展示されていました。予約も金曜日から受付が開始されているようです。

WILLCOM_D4.jpg

あまり期待はしていなかったのですが、実際に触ってみて評価が一変しました。

まず気がついたのがWindows Vistaにもかかわらず動作が軽快なこと。CPUにはAtomと呼ばれるモバイル用の省電力CPUを搭載していますが、デスクトップ機に使用されるような高性能のCPUに比べれば、非力なCPUです。ところがアプリケーションの起動やウィンドウの操作が意外とスムーズです。

それから持ってみてサイズ以上に軽く感じました。空いている電車の中であれば立ったまま使っても、そんなにつらくはないと思います。たぶん手がだるくなる頃には目も疲れるし、バッテリも厳しくなってくる頃でしょう。液晶パネルをたたんでしまえばコンパクトなサイズになるので、持ち運びも苦になりません。

最後にタッチパッドによるカーソル操作の反応が良好で、ゲームのような急激な操作でなければ十分実用に堪えますし、立ったまま使うのにも問題なさそうです。

WILLCOM D4を使うといろいろなことができそうですね。
例えば出張時に報告書を作ったり、プレゼンテーションの表示に使うことができるでしょう。WILLCOM D4は標準でMicrosoft Officeが標準でインストールされているので、別にソフトウェアを購入する必要もありません。プレゼンテーションの表示にもオプションのRGB/USBケーブルでプロジェクタに接続できるので大画面表示にも対応可能です。
またBlogへのエントリもキーボードがあるので問題ないですね。しかも200万画素のカメラも搭載しているのでフォトログも大丈夫。書いたエントリはPHSや無線LANを通じてすぐアップロードも可能です。
あと私のようなカメラ好きな方なら、フォトストレージの代わりになるかもしれません。 別途カードリーダーが必要になりますが、デジタル一眼レフカメラで撮影した画像を読み込んで保存しておき、宿に着いたら現像や加工、整理を行うことができます。しかもPHS内蔵なので出先から自分のサイトやWEBストレージへへアップロードすることもできます。長期の撮影旅行のときなんかには役に立ちそうな気がしますね。

ゲームをしたり仕事場で業務に常用するマシンではないと思いますが、長期の出張や家と出先との往復で利用するのなら十分使い出があると思います。触ってみて気になったのはキーボードが固くて、キーピッチも広めなので慣れないとキー入力がつらいことと、バッテリ容量が低めなので運用を考えないとすぐにバッテリが空っぽになりそうなところですね。ただ最近はマクドナルドなどで電源を貸してくれるのでうまく利用すればよいと思います。やはり小さいというのは魅力ですね。出張の多い方や旅行好きな方にはお勧めのマシンでしょう。

あとはお値段次第ですね。ワンセグもOfficeもついて¥128,000.-は安いのですが回線契約も必要になるので実際にはウィルコムバリューセレクト(WV-S)による2年縛り付き分割払いで支払った方が懐には優しそうです。

触ってみてちょっと欲しくなったWILLCOM D4。意外と使えそうです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。