とっても微妙なWillcom 03

BlueToothとワンセグだけで買い替える気は起きないなぁ。


ケータイWatchの『ウィルコム、ワンセグ対応のスマートフォン「WILLCOM 03』より

ウィルコムは、シャープ製のW-SIM対応端末「WILLCOM 03」を開発した。6月下旬に発売される予定。ウィルコムストアでの価格は、W-VALUE SELECTの場合、一括で63,120円、24回払の場合は毎月2,630円。W-VALUE割引は毎月1,150円で、一括・分割のいずれも実質負担額は35,520円となる。

アドエスことW-ZERO3 Advanced[es]の後継機になるウィルコムの新スマートフォン「Willcom 03」が発表になりました。

Willcom 03

アドエスから変わった点は次の通りです。

  • 縦のサイズが小さくなって普通の携帯電話とほぼ同じぐらい
  • ワンセグ内蔵(ただし録画不可)
  • BlueTooth内蔵
  • Windows Mobileのバージョンが6.1
  • テンキーとカーソルキーが切換式の「イルミネーションタッチ」に
  • 漢字入力がATOKからケータイShoinに変更
  • 3色のカラーバリエーション
  • 携帯電話風に扱えるメニューや電話帳ソフト、メールクライアントの採用
  • USBからの充電が可能

ワンセグ内蔵やソフト追加でWindows Mobileの使いにくさをカバーする事により普通の人にも使いやすいスマートフォンを目指しているようです。契約数の伸び悩んでいるウィルコムにとっては今回はモバイラーより新規ユーザを獲得するために今回のような仕様を選んできたのでしょう。しかし一般受けを狙ったせいか私の琴線を揺さぶるにはもう一つ何かが足らないような気がします。

まず気になるのが操作性。タッチパネル式になったテンキー兼カーソルキーのイルミネーションタッチが、液晶画面と一体化したフラットパネルでキーを押した感触がないため快適なキー操作をできるか不安です。それに漢字入力もATOKからケータイShoinに変わって辞書の品質に不安があります。

次に電池の持ち。発表になったスペックでは連続待ち受け時間が420時間と若干アドエスより低下しています。さらにBluetoothやワンセグといったデバイスを積んでいるために電力消費量は高くなっている可能性があるため、電池がすぐに無くなってしまう可能性があります。ただアドエスから改善された点としてUSBで充電できるようになったので補助電源を持ち歩く事でリカバーできそうです。

逆によくなったのはサイズと動作の軽快さ。とくに動作はプロトタイプを見る限りだいぶ軽快なようです。動作の模様をニコニコ動画で見つけましたので見られる方は見てください。Windows Mobile 6.1はかなり性能的には改善しているようです。

【ニコニコ動画】WILLCOM 03(WS020SH)実機レビュー FORUM&EXPO
あと個人的にはもう少し落ち着いた色の筐体が欲しいですね。好みとしては黒か深い青色の筐体があるといいですね。まぁライムグリーンも悪い色では無いですが。こうして見ると言いところと悪いところが両方あるので、外装が痛みつつあるアドエスから乗り換えても良いのですがいかんせん価格が高いです。一括なら6万円、2年縛りでも3万5千円とウィルコムの端末にしては高価です。最近はウィルコムでも2年縛りなら0円や1980円の端末が多いことを考えると正直手が出ません。実機を見たら欲しくなるのかもしれませんが、今のままだとしばらくの間は様子見ですね。とりあえずあたらしもの好きのヒトバシラーな人のレポートを待ちたいと思います。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。