任天堂WiiとPS3の価格差

2006年5月25日
GAME

任天堂の「Wii」、2万5千円以下で発売(asahi.comより

任天堂は25日、今年秋にも発売する次世代の家庭用ゲーム機「wii(ウィー)」の価格を、国内で2万5000円以下、米国でも250ドルを超えない水準に設定すると公表した。次世代ゲーム機では、米マイクロソフトの「Xbox360」が税込み希望小売価格3万9795円で発売中。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が日本で11月に新発売する「プレイステーション(PS)3」は税込みで6万円を超える。

PS3に比べてWiiは1/3近い値段で販売するようですね。こうなると単純にゲームタイトルの数や品質の前に絶対的な価格差でWiiを選ぶ人は多いでしょう。PS3を選ぶのはその先進性を買うかPS3でしか遊べないタイトルを選んだ人だけになりそうですね。
PS3はゲームだけでないマルチエンターテイメントコンピュータなのでしょうが、それが今の家庭に6万円を超える価格で受け入れられるとは思えません。一方Wiiはあくまでもゲームを主体に置く事で不要な機能は省き、手の届く価格設定をしてきたわけです。いくら質が良くても家庭に入り込まなければだめなことがわかっている任天堂の経験値が生きていると思われます。
このままですと任天堂の勝利は堅いのですが、SONYが販売価格の値下げなど逆転するための次の手を打ってくるのかによって次世代ゲーム機での勝利の行方を決める可能性が高いと思います。

Pocket