Vine Linux 4.0正式リリース

数少ない日本発のディストリビュートであり、当サーバのOSとしても利用させてもらっています、『Vine Linux』が3.2から4.0へとメジャーアップグレードしました。公開は本日の正午からです。
Vineは優しいインストールと当初から日本語を扱う事を意識したパッケージングで根強い人気のあるディストリビューションです。
当サーバはしばらくはバージョンを上げずに3.2のまま運用して、近日中にテストマシンの方へ4.0をインストールしてテストしてからの適用になると思います。テストの結果やサーババージョンアップの時期については後日報告したいと思います。
一度Linuxに触れてみたいと言う方には取っつきやすいディストリビューションですので、おすすめです。
関連リンク
Vine Linux 公式サイト

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。