VAIO Type Uに新モデル発表

VAIO Type Uに新モデル発表

Mobile

私の頭の中では[es]のせいでだいぶ評価が低くなっているのですが、SONYの超小型Windows PC『VAIO Type U』に40GBハードディスクとワンセグ機能を搭載したモデルが追加発表になりました。ハードディスクモデルにもワンセグチューナーが搭載できるようになったのでハードディスクにワンセグ放送を大量録画して後から再生すると言ったこともできるようになります。値段は構成によって変わりますがもしXP Proで40GB HDD、ワンセグ入りワイド保証ならほぼ27万円ほどになります。
しかし従来のモデルを買った人の中にはこの新モデルを見て不満に思う人もいるでしょうね。最初からハイスペックモデルを発表しているならいざ知らず、短い時間差で異なるスペックしかも上位スペックを出してくるのはガジェットファンからは購入タイミングが計れなくなるので困るんですよね。普通のパソコンのように秋・冬モデルと言った決まった季節毎に出してくれるのなら良いのですけどね。こういうことをするメーカーはユーザから嫌われていくでしょうね。
わたしはこのモデルの最大の欠点であるキーボードがせめてW-ZERO3[es]なみにならない限り購入には踏み切らないと思います。ガジェット好きの心を折るような製品発表の仕方はあまり好ましいとは思わないですね。

“SONY VAIO UX50 ( CoreSolo U1300 512MB HDD30GB 無線LAN)[VGN-UX50]” (ソニー)

Pocket