ゆる〜い繋がり、twitter

所詮はインターネットの混沌(カオス)の一面でしかないんやけど。
ハチミツとシロツメクサの『Twitterが流行ってプッシュトークがコケた理由』より

Twitterというインスタントメッセージサービスが大ブレイク中なんやって。
私は使ったことないから、よくわからん。てゆーか、踏ん切りがつかん。

twitterなんて別に清水の舞台から飛び降りなければならないほど踏ん切りが必要になるようなもんではないんやけど、必要性を感じへん人には全く無用のサービスやと思う。けどなんとなく使ってるとおもしろかったりするんですわ。
ちなみにtwitterっていうのは、ウチのBlogのサイドバーにも貼っているけど、参加している各人がテキトーに140文字以内で発言できてそれがみんなで読む事ができるというもの。たとえば私の発言はこのページにまとまっている。
はっきりいって一人分の発言を見ていても何にもおもしろい発言はなくて、私のようにBlogのエントリにはならんけどちょっとして一言を書き留めてる人もいれば、自分の行動記録代わりにしている人やBlog更新のRSS代わりにしている人もいる。いってしまえば短いメッセージであれば何でも有りのミニ個人専用掲示板みたいなもの。インスタントメッセンジャーと違って特定の相手に発言するようにはなってません。
で、これが流行っていると言われているけど、実は一部のあたらしもの好き(YANCHA!を含む)が勝手に遊んでいるだけの代物で流行具合から言えばmixiはおろかsecond lifeにも追いついていないと思う。
じゃぁ、何でこんなに注目を浴びているんやろか。


まずは敷居の低さ。
twitterは登録制でmixiのように招待される必要もないし、second lifeのように専用ソフトをインストールする必要もない。もちろん無償で使えて、文字数以外で発言を規制するものもないし、なにより意味がなくてもお手軽に書き込みができる。
もひとつは緩やかな繋がり。
twitterには「friend」という仕組みが有って、見も知らない人でもこっちから相手に一方的に「友達になって」とお願いする事ができる。でお友達になると自分のメッセージの他にお友達のメッセージも同時に表示する事ができる。(with friend表示)
このfriendにて、それ以上には何の繋がりもないゆる〜い友達未満の関係ができてくる。あんまりfriendが多いと混沌としすぎるけど、20〜30人ぐらいまでのメッセージを眺めていると、なんとなくその人たちの生活が見えておもしろかったりする。そうやね、ファーストフードの店とかで聞くともなく隣の席の会話が耳にはいってきて、それに興味を持ってしまう。そんな感じかな。
でtwitterを否定的に見ている人はこの微妙な雰囲気垂れ流しに嫌悪感を感じているか、本格的SNSのようにもっと強い繋がりを求めているような気がする。たぶんこの緩さに耐えられへんのやろうね。
でも私はこのゆる〜い繋がり感がおもしろいのと、ぼそっと何か言いたいのでtwitterを使ってます。特に専用ツール(私の場合はMacなのでTwitterPod)を使い始めると画面の片隅に常時friendの一言が表示されるんであたかも横で独り言を言われたような感じになります。
ちなみにNTT Docomoのプッシュtoトークが流行らんかったんは、有料かつ同時通話できないくせに接続してなきゃいけない中途半端な縛りが使いにくかっただけやと思います。
もっともtwitterにも欠点が有って良くサーバが落ちることや、システムメッセージが英語なんで使いにくさを感じてしまう事も有ります。その点は日本での類似サービス(たとえば「もごもご」)を利用してみるのもいいかもしれません。
ゆる〜い繋がり感に興味を持ったなら興味半分でアカウントをとってみればいいかと思います。メールアドレス以外の個人情報は登録しなくても良いのでつまらなくなったら捨ててもいいやの感覚でええと思うよ。
friendが10名を過ぎてくるころから何となくおもしろくなってきますから。friend探しなら「はてな:ついったー部」に入会してみるとfriend希望な人がいっぱいますよ。(先日はオフ会もあったらしいし)
私へのfriend申請も日本語でtwitterを利用している人なら拒否せずに受け付けてますからお気軽に。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。