一部限定でアナログTV放送を延命するらしい

でもこの施策で恩恵を受ける人は少ないと思うな。


GIGAZINEの『地デジ普及の遅れを受けて、2011年7月24日以降もアナログ放送が受信可能に』より

2011年7月24日に地上デジタル放送へ完全移行することを受けて、アナログ放送の画面に「アナログ」という字幕が表示されるようになりましたが、なんと2011年7月24日以降もアナログ放送が受信できるようになることが明らかになりました。

地上デジタル放送に対応した機器の普及が遅れていることを受けた措置とのこと。

このGIGAZINEさんの見出しはミスリードを誘いますが、ようはCATVでアナログテレビを利用している世帯向けに地デジをアナログ再配信するサービスを提供できないか総務省が要請しているだけですね。

地デジの本来の目的が「VHSテレビ放送の電波帯域を空けて、他の用途に転用する」わけですから、CATVで有線放送してもらう分には支障がないわけですね。この延命措置は受信側の地デジ移行が遅々として進まない現状では、ありでしょう。実際、我が家もアパートの共聴設備が地デジ対応できないのでCATVに加入させられましたから。

というわけで普通のアンテナでテレビ放送を受信している世帯には延命措置は現状ではありません。

総務省が本気でアナログテレビ放送をさ来年に停波したいのなら、実際にアナログテレビを切ったらどうなるかを体験させてみるのも一つの方法かもしれませんね。
事前に広報した上で、1日だけアナログテレビの電波を出さないようにする。そうすればよく判っていない人も「テレビが映らない」と騒ぐでしょう。そうすれば自分が地デジに対応していない事も理解できるでしょう。もっとも視聴者からの反発は必至ですが。
でも正直、草彅くんのCMでも一部の視聴者には理解できていないわけですから、地デジ移行を促進するならもっと別のアプローチも必要だと思います。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。