ついにSONY自らバッテリを回収へ

2006年9月29日

AppleやDELL、Lenovo、TOSHIBAなどのノートパソコンのSONY製バッテリーが爆発したり、発火、発煙する問題で製造元のSONYが各ノートパソコンメーカーを通じてバッテリの回収を行なう事を発表しました。
一部の航空機の中でノートパソコンが使えないなどユーザに対し相当の影響が出ているので、SONYには発火の危険のあるバッテリを明確にして正常なバッテリに交換するようにしてもらいたいです。
モバイラーとしては機器の電池は重要な関心事なので、回収交換はもちろんの事、どういうケースで発火するのかなどの情報も提供してもらいたいですね。そうすれば改修が遅れても自主的に発火を回避する事も出来るでしょうから、ぜひ情報の公開もSONYには検討して欲しいです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。