SIMカードには鍵をかけよう

ケータイWatch『TCA、「SIMカード」の理解促進・注意喚起のサイトを公開』より

電気通信事業者協会(TCA)は、携帯電話で利用されているICカード「SIMカード」(USIMカード)について、理解促進や紛失・盗難によるトラブルの発生を防ぐためのパソコン向けページを公開した。
 (中略)
 SIMカードには電話番号などの契約者情報が記録されており、一部では電話帳データもSIMカードに保存できる。自分のSIMカードを対応する他の端末に装着すれば、その端末を自分の携帯電話として使用でき、複数の端末の使い分けや機種の変更、海外旅行の際に便利なシステムになっている。データ通信カードなどを除くと、ほとんどは電池パック周辺など端末内部のスロットに挿入する形で使用されている。

知らない方も多いようなのですが、最近の携帯電話やPHSには「SIMカード」と呼ばれる小さなICカードがあって、それを携帯本体に差し込んで使うようになっています。このSIMカードの中に電話番号情報や契約者情報が書かれておりまた電話帳情報を保存する事も出来ます。ですのでこのSIMカードを紛失すると電話機として利用できなくなりますし、電話機情報を記憶させている場合は他の電話機で読み出す事が可能なため個人情報の流出に繋がります。
そこでSIMカードを無くさないようにする事がもちろん大切なのですが、もし紛失や盗難に遭った時のために「PINコード」という暗証番号をSIMカードに設定する事で電話帳情報の流出防止やカードのロックが可能です。
多少使い勝手は悪くなる事もありますがPINコードの設定をしておくことをTCAのサイトでは推奨しています。
特に海外での悪用例が増えているようなので、年末・年始に海外旅行に行かれる方はぜひPINコードで鍵をかけておきましょう。
関連リンク:
携帯電話に入っている「SIMカード」をご存知ですか?(電気通信事業者会サイト)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。