新型RDシリーズ発表

新型RDシリーズ発表

2007年2月1日
Audio & Visual

AV Watchの『東芝、ハイビジョンW録とi.LINK搭載の「VARDIA」−600/300GBの2機種。GUI強化/シンプルリモコン付属』より

株式会社東芝は、ハイブリッドレコーダ「VARDIA」(ヴァルディア)の新モデルとして、2基のデジタルチューナを内蔵し、ハイビジョン番組のW録が可能な「RD-S600」と「RD-S300」を2月28日に発売する。店頭予想価格はS600が13万円前後、S300が10万円前後の見込み。
S600は600GB、S300は300GBのHDDを搭載したモデル。HDD容量以外の主な機能は共通だが、 S600のみDV入力とTS対応(D-VHSへの移動/視聴用)のi.LINK端子を1系統備えている。OSDに基本機能をまとめた「スタートメニュー」を備えたほか、従来のリモコンに加え、よく使うボタンのみ配置した「シンプルリモコン」も同梱。エントリーユーザーにも使いやすいモデルになったという。

Toshiba1
東芝からキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!のニュースです。
DVD/HDDレコーダで機能が全部入りのモデルが発表になりました。
地デジもBS/CSデジタルも対応でi-Linkもスカパーチューナー連動もHDMI出力もついていて、DVD/HDDレコーダーとしては欲しい物は全部ついていると言っても遜色の無い製品です。特にアナログ機では銘記とうたわれているRD-X5のユーザからはデジタル対応のX5といっても過言の無いスペックです。
わが家の場合は共聴設備の関係でケーブルテレビなので、すぐの買い替えには至りませんが今のRD-X5が使えなくなったら買い替え先になるモデルが出たことは素直に嬉しいです。
あとはこのモデルのHD-DVD/BluerayDisk対応モデルが出てくれればマニア層は一気に飛びつくと思うのですが、ドライブのコストがまだまだ量産には向かないのでしょうかねぇ。

Pocket