私家版PSエミュレータ現わる

2006年9月26日

以前にソニーコンピュータエンターテイメント(SCE)がPSP(PlayStation Portable)上で初代PlayStationのゲームをエミュレータで供給する予定があるという報道がありましたが、その前に独自にPlayStationのエミュレータ「PSP-X」が開発されたとEngadget Japaneseさんにてに紹介されています。
現状では初代PSのBIOSとゲームCDイメージの他にPSPのファームウェアが2.71以下である事が動作条件としてあげられています。動作の方はとりあえず動作するというレベルのようですが、今後の改良によって実用になるようにするようです。
個人的には初代PSでも充分に今でも遊べるゲームは多いと思っていますし、私の所有するゲームの本数もPS1版の方が多かったりします。ですので本家であるSCEも今回の私家版も非常に期待しています。
でもPSPが通常のPlayStationの互換ラインを外れているのもユーザにとってはあまり好ましい状態ではないと思いますね。現行の薄型PlayStaion2の筐体をノートブックタイプにして液晶画面と電池駆動の仕組みを付けた「Mobile PS2」なんて言う商品がでてくれればおもしろいですね。移動用DVDプレーヤとしても使えるのでニーズはありそうなんですけどね。
PS3なんかよりこういう商品を先に出してくれるといいのですけど、SCEは頭が固いから無理でしょうかね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。