PRIDE放映中止にDSE反論

Battle

フジテレビのPRIDE放映中止についてドリームステージエンターテインメント(DSE)の榊原代表が会見を行ないました。その内容がPRIDE公式WEBサイトにて公開されています。
フジテレビ放送中止に関してDSE榊原代表が会見「応援してくれるファンがいればPRIDEは潰れない」(PRIDE公式サイト)
会見内容を読んだ限りでは、DSEが暴力団を通じて恐喝行為を行なったとの週刊誌の報道をフジテレビ側が問題視し契約を打ち切ったようです。榊原代表は暴力団の関与や恐喝行為は否定しておりフジテレビの対応も納得はできないが関係修復できるなら一緒にやって行きたい意向のようです。その上で地上波放映は無くなってもPRIDEを始めとする格闘技イベントは継続して開催すると言っています。
しかし実際には地上波放送だけで見ていたライトなファン層への広がりといった部分や収入の何割かが減少する事からすくなからず影響があると思います。コアなファン層だけでイベントを継続して運営する事ができるのかは、今のプロレスを見てもわかるように非常に苦しい事です。格闘技界全体にとって今回の放映中止は憂慮しなければいけない事であると同時に興行の健全化が求められているのかもしれません。

Pocket