マミヤがカメラ事業を売却、撤退へ

2006年4月22日

CNETの記事によると国産中判カメラメーカーのマミヤ・オーピーがカメラ事業を売却し、事実上撤退の方向に向かうようです。
最近はカメラといえばケータイに内蔵しているものか低価格の小型デジカメが主流で、フィルムカメラの売り上げは不振を極めています。コニカ・ミノルタの撤退やニコンの規模縮小はこのblogでも取り上げてきました。マミヤも一般にはなじみが無いかも知れませんがカメラファンからは中判カメラの国産メーカーとして知られた存在でした。
ちなみに中判カメラというのはフィルムのサイズが普通に売られているもの(35mm)より一回り大きいサイズの物が使えるカメラの事を指します。一枚当たりのフィルムに対して光を受ける面積が広い為、きめ細やかで深みのある写真を撮る事が出来ます。ただその分取り扱いが難しいことや失敗した時のアラも目立つ事から、プロや一部のアマチュアの方のみが使うカメラです。ですのでどうしても売上台数が少なくなり、ついには事業撤退の判断が下されてしまったようです。
日本には昔カメラメーカーがたくさんあって数々の名機を輩出してきました。それらがデジタル化の波や景気そのものの冷え込みなどもあってどんどん消えてゆきます。それにつれてカメラの文化というものも消えて行くような気がしてなりません。
残ったメーカはがんばって良きカメラ文化を継承して行って欲しいと思います。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。