スリリングゲーム

最後の1分が長く感じた。


今日は霧降で日光アイスバックス VS 王子イーグルスの試合を観てきました。
久しぶりの霧降での試合という事で観客の入りは上々です。

相手は首位快走中のイーグルスという事もあって苦戦する事を予想していました。
ところがフタを開けてみると、立ち上がりにもらったパワープレイを#12 内山が決めて先制します。
4分過ぎに反則のキルプレイ中に#16 土田が相手パックを奪うと、またも#12 内山がゴールを決めて2点目。

さらに12分過ぎにも#12 内山がゴールを決めて1ピリでハットトリック。一方相手ゴーリー#61 春名はキツネにつままれたような感じでゴールを見ていました。

そこからは大きく動く事もなく静かに試合が進んでゆき、2ピリを終わっても3 – 0のまま。

3ピリに入っても淡々と試合は進みこのまま完封かと思われた52分過ぎ、両軍反則で4人対4人の状況でイーグルスが1点返すと流れは一気にイーグルスへ。55分にもイーグルスが1点を返し、ベンチもスタンドもいやな雰囲気になってきます。

それでも虎の子の1点を守りきりバックスが勝ち点3をゲット。プレイオフに夢を繋ぎます。

ヒーローインタビューはもちろんハットトリックの#12。スペーシアジャージが誇らしげに見えるのは私だけですか?

新横浜では手も足も出なかった相手にキッチリ勝てて良かったです。

 

Pocket