地元開幕戦は辛勝

追加点が取れなかったのが苦戦の原因かな


9/26 at 日光霧降

アイスバックス 3(2-0 0-1 1-0) フリーブレイズ

今日は地元日光の開幕戦。

相手は新加入の東北フリーブレイズ。新加入とはいっても元ラビッツ勢や外国人も補強してるので決して侮れない。釧路のゲームでもGWSにもちこんで勝ち点1を上げている。その上ゴーリーが昨年までの守護神、橋本三千雄だけに気分は複雑やねぇ。

今日の観客席は立ち見がでる程の大盛況。
フリーブレイズサポもバスを仕立てて応援に駆けつけてきたようやった。

試合は1ピリからバックスが押し気味。昨年と違うなと感じたのは短いパスや左右に大きくパックを動かすパスが通ること。あれだけパスが出せなかった昨年とは大違い。で、久しぶりにチームに戻ってきた#27 大久保のゴールで先制。その後に#58 バド・スミスのゴールで追加点。

2ピリ以降は膠着状態。ミスを突かれてブレークされてしまい1点差に迫られる。一方バックスは攻めいるもののパックがゴールへ向かっていかない。更に橋本の調子も良くて中々追加点が奪えない。

3ピリになるとミスが目だちはじめる。簡単にパックを奪われたり、パスが通らないは、ブレークアウェイされることも何度もあった。ただディフェンスの身体を張ってのプレイと新守護神菊池のファインセーブで虎の子の1点を護る。

残り1分でブレイズがゴーリーを上げての全員攻撃を仕掛ける。それを凌いであと15秒に#91 波多野が無人のゴールにとどめをさして、そのまま逃げ切り。

試合展開としては見応えあったけど心臓に悪いわ。
まぁ勝ってよかった。
明日も勝って3連勝といきたいね。

Pocket