ぼくらの時代

闘病生活の事は聞いていたけど…、早すぎるなぁ。


先日、作家・評論家の中島梓さんが他界された。

一般の人にはグイン・サーガの人とかクイズの回答者で有名だけど、私の場合には「ぼくらシリーズ」で出会った作家さんなのでこのイメージが強い。当時、まだ中学生だったから30年ぐらい前の話かな。

グインをはじめ最近の作品は全然読んでいないけど、緻密な練り込みと伏線を巧妙に配置していて一度読み終えて再び読んだ時に「ああ、このシーンはここに繋がるのか」と思う事が何度もあった。

グインは遺稿があれば出版はされるだろうけど、未完のままになってしまうのだろうね。まぁ他の作家が無理やり終わらせるよりは「永遠につづく」のほうがいいと思う。でも物語の結末は知りたかったな。

ご冥福をお祈りします。

Pocket