規格分裂の影響

規格分裂の影響

Audio & Visual

富士通が今日、新しいパソコンのラインナップを発表しました。AV対応のうちデスクトップ型ではBlue-Ray Diskを搭載していますがノート型ではライバル規格のHD-DVDを搭載しています。富士通はひとつの規格に固執せずに両方の規格を提供する事になります。メーカとして見た場合、二重のコストをかける事になりますがどちらの規格が主流になってもそのドライブを供給し続ける事ができるわけです。もっとも悪くいえば二股をかけているわけですね。
とはいっても片方の規格を選んでしまうと別の規格が主流になってしまうと非常に不便になってしまいます。各々の規格にメリットがある事はわかるのですが互換性のないまま双方の規格が提供されると迷惑を被るのは我々利用者です。本来であれば統一規格のドライブで互換性の心配をせずに使いたいものです。
規格統一がこのまま出来ずに二派分裂で今後も行くのであれば、ドライブメーカがDVDのマルチドライブのようなBD/HD両用のドライブが出すか、どちらかの規格が市場を制覇するまでは次世代DVDは様子を見ると言うのもひとつの選択なのかもしれません。

Pocket