ソフトもハードも任天堂がトップ

CNETの記事によるとエンターブレインがまとめた「ゲーム産業の現状と展望」にて昨年度販売のソフトウェア、ハードウェアともに任天堂が首位だったとの事。ハードウェアではNintendo DSとDS Lite合わせて470万台を売り上げ、ソフトウェアでは大ヒット作「おいでよどうぶつの森」をはじめとして延べ1572万本を販売しています。ちなみにNintendo DS対応ソフトは全メーカー合わせてで1800万本も売り上げて人気の高さを証明しています。
Nintendo DS Liteは未だに入手難でお店に並ぶそばから飛ぶように売れていますし、ソフトウェアもミリオンヒット連発で好調ですね。電車の中で遊んでいる人をよくみかけますが、ユーザの年代も子供から大人まで幅広く見かけます。ライバルのPSPと比較するとハードウェアが魅力的なPSPに対してソフトウェアの魅力で売り上げを伸ばしているDSという感じを受けています。
私はまだDSは入手していませんが面白そうなソフトがいくつかあるのできっと購入してしまうでしょう。でもそうするとゲームする時間がまた必要になって時間のやりくりが大変になるなぁ。

ニンテンドーDS Lite エナメルネイビー” (任天堂)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。