女帝引退

やっぱりプロだなぁ。


今日、女子プロレスラーのデビル雅美選手が引退しました。長年にわたり女子プロレスを影に日向に支えてきた名選手でした。わたしも最後の姿を眼に焼き付けようと引退試合の生中継を見ていました。

デビルさんは全日本女子時代はヒール(悪役)レスラーとして一時代を築き、ジャパン女子に移籍してからは一歩引いて後進を育てつつも、お客さんにプロレスを楽しんでもらう事を主眼に戦ってきました。

私がデビルさんの試合で一番記憶に残るのは、JWPに在籍していたときのデビル雅美 VS 長与千種の一戦です。

外敵としてJWPにやってきた長与千種に何人もの選手が敗れ、次の相手はエースのダイナマイト関西かと思われたときに「私がいるじゃない」と立ち上がったのがデビル雅美。しかも試合当日、予告もなしに悪の別人格である「スーパーヒール」として出場して会場を驚かせます。そして試合は無言のまま長与千種を締め落として完璧な勝利を奪いました。いつもは明るく力強いプロレスを見せるデビルさんが、懐の刃を抜いたような試合でした。

今日の試合もプロレスラーとして、デビルさんらしい試合を最後まで見せてくれました。

無事是名馬と言いますが、長いレスラー生活で大きなケガがほとんどなく最後まで現役を全うできたのは、己を正し観客の目を常に意識してきたプロ意識の賜物だと思います。

最後の挨拶の時に「年に一試合でいいから女子プロレスの今を見せられる大会をしたい」という発言をしたのは、女子プロレスの現状を憂いつつ、未来をよい方向にしたいという気持ちからでしょうね。
デビルさんのいなくなった穴は小さくないですが、デビルさんの背中を見てきた選手たちがこれからの女子プロレスをいい方向に持って行ってくれる事を期待したいです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。