「走る実験室」の終焉

己のアイデンティティを手放さねばいけないほど追い込まれてたのか…


nikkansports.comの『ホンダ、業績悪化でF1から撤退 』より

ホンダが自動車レースの最高峰F1シリーズから撤退することが5日、分かった。本業の自動車販売台数が低迷しチームを維持する経費負担が経営を圧迫。チーム成績の不振もあり、宣伝効果も薄れたと判断した。オートバイレースなどへの参加も縮小する方針だ。F1関連の経費は年間500億円超とみられる。

ホンダがF1から撤退する事を表明しました。社長の記者会見では現チームは売却しエンジン供給も行なわず一切手を引くようです。

ホンダのF1参戦は四輪車製造へ参入するために技術を得る事を目的に始まりました。そしてレースで得られた技術は市販車へフィードバックされてゆきました。そのことをホンダの社内外で「走る実験室」と呼ばれました。積み重ねた実績は市販車の売り上げだけでは無くレースでも花開く事になりました。

しかし世界的な不況やF1自体の費用の高騰で「走る実験室」にかける費用が重荷になってきて、今日の撤退表明に繋がったようです。

日本のモーターレースファンとして、日本のF1を牽引してきたホンダが去るのは寂しい事です。あとF1からのフィードバックがなされない事で、技術的にも従業員のモチベーション的にも他のメーカーよりおとなしくなってしまうのでは無いかと危惧します。

いつの日か業績が回復して、「ホンダミュージック」をF1の舞台で聞かせてくれる日が来る事を願ってやみません。

Pocket