新チームはフリーブレイズ

ゼビオの名前は使わないんだな。


nikkansports.comの『東北フリーブレイズ設立、荒城が1人4役 』より。

東北に、アジア制覇を目指すアイスホッケークラブ「東北フリーブレイズ」が誕生した。設立会見が12日、宮城県庁で行われ、来季からのアジアリーグアイスホッケー(来年9月開幕)参入を目指すと発表。青森県八戸市、福島県郡山市を拠点とする。04-05シーズンまで日光アイスバックス監督兼FWで活躍した荒城啓介(34)が社長、監督、GM、選手と1人4役をこなし、東北アイスホッケー界に新たな風を送る。

2ちゃんねるではかなり前から噂になっていましたが、スポーツクラブの運営やスポーツ用品の販売を行っている「ゼビオ」がスポンサードするアイスホッケーチーム「東北フリーブレイズ」が設立されました。今シーズンは選手を集め来年のアジアリーグ参入を目指します。

ホームタウンを郡山に置きつつも東北全体で活動するのは現状をちゃんと分析できていると思います。

と、いうのは郡山市街地にはアイスホッケーのできるリンクがなく郊外の磐梯磐城アイスアリーナしかありません。実際に行ったことがあるのですが観客席が小さいのでアジアリーグの試合を行うにはキャパシティが小さくて収益上のネックになる可能性があります。そこでアイスホッケーの盛んな八戸に目をつけて当面は興行上のホームリンクにして、他のホームゲームも東北各地で行うことでホームリンクの問題をカバーしつつ、東北にアイスホッケーを定着させる狙いはいいアイデアだと思います。

監督兼GMに元アイスバックス監督の荒城啓介氏を起用したのは、監督経験もありますがバックスでの運営の苦労も知っていることも大きいのではないかと思います。

最初は新規参入チームの苦しさもあると思いますが、戦力が整えば面白い存在になるでしょうね。

ただゼビオはアイスバックスの広告スポンサーにもなっていますので、バックスの経営にはかなり影響がありそうです。

それでもトップリーグで活動するアイスホッケーチームが増えるのは良いことなのでがんばって欲しいですね。この勢いで札幌のトヨタや四国のサーパスもアジアリーグ参入してくれると盛り上がりそうだけどなぁ。

Pocket