ノーベル物理学賞

しかし、外部から褒められんと評価しないのかい。


asahi.comの『ノーベル物理学賞、素粒子研究の日本人3氏に 』より

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、今年のノーベル物理学賞を、素粒子物理学の理論づくりに貢献した米シカゴ大名誉教授で大阪市立大名誉教授の南部陽一郎氏(87)と、新たな基本粒子の存在を共同で提唱した高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)名誉教授の小林誠氏(64)と京都大名誉教授で京都産業大理学部教授の益川敏英氏(68)の日本人計3人に贈ると発表した。日本人が一つの賞で同時受賞するのは初めて。

素粒子論に関してはブルーパックスやNewton、昔廃刊になってしまったQuarkなどで読んだだけで専門家ではないけどクォーク理論のおおよそは知っていたので、今回の受賞はめでたいけどちょっと遅かったような気がしてる。まぁ存命中に賞を受けただけでもましなのかもしれないけどね。

で、気になったのが今回のマスコミの報道。

一部のマスコミで素粒子を見つけた人のように報道しているのがあったけど、今回の表彰は「理論の構築と提唱」であって発見ではない。それとクォークを唯一の素粒子のように報道しているものあったけど、いまのところ「クォークは素粒子の一つ」であって唯一の存在ではない。多分わかっていない記者が書いた記事なんだろうね。あと揚げ足とるなら南部先生はすでにアメリカに帰化しているので、国籍上は日本人ではなくなっているのよね。

日本は科学の世界では評価が高いのだけど、日本国内では社会的評価が低いから研究者が報われることは少ないね。今回も海外から評価を受けたから驚いて報道しているだけにしか見えない。

日本の未来のためには科学技術の研究者がもっと評価されてもいいような気がする。でないと日本の技術が先細りになって産業の成長にも影響が出るだろうし、優秀な人材が海外流出して競争力が無くなってしまうだろうね。

そのためにはちゃんと国策として優秀な研究者や技術者を評価する仕組みが必要ではないのかな。ただ技術に明るくないお役人が評価しても利権の温床にしかならないから困ったもんなんだけど。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。