新幹線でチケットレス!

2008年6月8日

初めて使ったけど、メチャ便利やね。


この金曜日から土曜日にかけて所用で大阪へ行ってきました。いつものように東京駅への移動中の電車の中でケータイにて列車と座席を予約して発車間際に飛び乗ったのですが、その時に使ったのが「EX-ICサービス」です。

EX-ICCard.jpg

このサービスを利用すると、チケットレスで東海道新幹線に乗車できます。

EX-ICサービスを受けるにはまずJR東海の「エクスプレス・カード」かJR西日本の「J-WESTカード」の会員になって東海道・山陽新幹線のオンライン予約サービスである「エクスプレス予約」会員になる必要があります。会員審査に通るとクレジットカードとEX-ICカードが贈られてきます。

使い方は簡単でパソコンや希望する列車の予約を行ない、乗車当日に新幹線の自動改札にEX-ICカード(写真前部の横長のカード)をタッチするだけです。すると改札が開き列車名と座席が記された「ご利用票」が出てきますのでこれを受けとるだけです。ちなみにこのご利用票は車内検札の時にキップの代わりに見せる必要があるので、取り忘れるとエライことになります。

もし新幹線の駅までSuicaやICOCA、TOICA、Pasumo、PiTaPaなどのIC乗車券を持っている場合にはEX-ICカードとIC乗車券を2枚重ねで自動改札にタッチすれば精算まで自動的に行なってくれます。また目的地に到着して改札を出る時はEX-ICカードを自動改札にタッチするだけで出られます。また新幹線から在来線に乗り換える時は在来線で利用できるIC乗車券を持っていれば2枚重ねでタッチするだけで乗換が出来ます。

今までのエクスプレス予約でもパソコンやケータイで予約はできたのですが、乗車するまでにチケットに引き換える必要がありました。しかもチケット引き換えはJR東海かJR西日本の窓口や新幹線用券売機でしか出来なかったため、発車直前に駅についても、金曜日の夕方など混雑する時にはチケットの引き換えに時間がかかり目的の列車に乗り遅れる可能性もありました。でもEX-ICカードならチケットレスですのでそのまま乗換改札に向かって改札機にタッチするだけでスピーディに乗換が出来ます。

しかもEX-ICカードを使って新幹線を利用した場合「新幹線チケットレス運賃」が適用され¥200.-ほど新幹線料金が割引になります。ところが一つ落とし穴があって、出発地から新幹線乗車駅までと新幹線下車駅から目的地の駅までの料金は別途精算なのです。例えば東京から新大阪まででしたら¥13,000.-と¥200.-引きなのですが新宿から大阪駅までの場合は¥190.-(新宿〜東京間)+¥13,000.-(東京〜新大阪間)+¥160.-(新大阪〜大阪間)で合計¥13,350.-となり¥150.-割高になってしまいます。ここは割引率を¥300.-ぐらいにするなど改善して欲しいところですね。

ただし割引は年末年始やゴールデンウィーク、お盆などの割引チケットが使えない期間でも割引になるのと、ポイントがたまるとグリーン車に乗れたり、何よりチケットレスで簡単に列車に乗れるので便利な面の方が多いです。

現在は東海道新幹線しか使えませんが山陽新幹線も導入予定です。できるならJR東日本、JR九州にも参画してもらい日本全国、新幹線はチケットレスにしてもらうといいですね。でもJR東日本は独自色が強く、モバイルSuicaで新幹線に乗れるようになったので導入してくれそうにないなぁ。できれば1枚のICカード乗車券で日本全国事足りるようにして欲しいです。

でも青春18キップは紙製のキップの方が便利だし泊まりがけの旅行なら記念になるので紙製のキップも残しておいて欲しいですね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。