怪しき黒い箱が迷い込む

2007年12月5日

うちの会社は月末が給料日。ということで先週末は給料日でした。
そのお手当てが出た金曜日の夜、仕事を終えて新宿西口の某量販店へ。目的は毎月買っているMacintoshの雑誌。この量販店で雑誌や書籍を購入すると3%ポイントバックされるのでコンピュータ系の雑誌はここで買う事にしています。
で、量販店の中でもやもやとした霧に包まれたような感覚に襲われて、いつしか店の外に出てみると雑誌の他にもう一つ黒い箱を手に持っていました。
これがその箱です。
Ipodtouch 01
中から煙が出てきておじいさんになってしまうのを恐れながら、箱を空けてみました。


開けて見ると黒いモノリスのような物体が入っています。
どうやら食べ物ではないようです。
Ipodtouch 02
箱の中のものを全て取り出してみました。
Ipodtouch 03
中にはいっていた紙には「iPod touch」と書かれていました。
購入した記憶がないのになぜかiPod touchが手元に来てしまったようです。
財布の中からお金が消えていたのできっと何かの陰謀か宇宙人の仕業と思われます。
とにかく家に来たのでかわいがってあげる事にしました。
今まで大活躍していたVideo iPodとガジェット代表としてデザインがそっくりなCLIE TH-55と並べてみました。
touchはVIDEO iPodより大きめですがCLIEより小さい事がわかります。
Ipodtouch 04
知らない人が見ればPDAと言い張っても大丈夫でしょう。
これなら仕事中に触っていても「PDAでスケジュールチェックしてました」と言い逃れできそうです。
さすがに音楽や動画を見てるとサボっているのがバレそうです。
まぁ元々3流スチャラカエンジニアなので大丈夫でしょう。(何が?)
厚みはこの3台の中でtouchが最も薄いです。持った感じもtouchが最も軽いです。
Ipodtouch 05
迷い込んできたのも何かの縁なので使い込んでみて、使用レポートをそのうちにあげたいと思います。
(ここまで来てまだしらばっくれるか)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。