いつの日か西村と闘う小橋が見たい

不謹慎で単純な物の見方かもしれないけど、同じ死の淵から生還した者同士の生き様を戦いを通じて見たい。
nikkansports.comの『小橋が腎臓がん乗り越え12・2リング復帰』より

腎臓がんのため欠場していたノアの小橋建太(40)が、12月2日の日本武道館大会で昨年6月4日以来、約1年半ぶりに復帰することが決まった。7日、後楽園大会で発表された。対戦カードは27日の日本武道館大会で発表される。この日の第3試合終了後、難波信二リングアナが小橋のメッセージを代読した。

小橋が帰ってきます、リングの上に。
腎臓ガンの発覚で一時はレスラー生命どころか本当の生命さえ危ぶまれた男が、ノアのマットの上に戻ってきます。
練習が好きでプロレスを愛する男が、懸命のリハビリを乗り越えて帰ってくる事に感銘を受けます。
いくら練習の虫とは言え復帰直後はブランクにより失われた試合感を取り戻すまでは、ベルト戦線にいきなり関わってくる事はないでしょう。でもきっとファンが望む小橋らしい試合を見せてくれるものと思います。
小橋の体調が本調子になったら、ぜひ闘って欲しい相手がいます。
それは同じガンから生還して今、無我ワールドで活躍し最近は他団体にも出場している西村修選手です。
「哲学者」西村と「練習の虫」小橋が闘ったら、どのような化学反応が起きるか楽しみです。
ノアと無我ワールドは徐々に良好な関係を築こうとしているので、この2人の試合は実現する可能性はあると思います。
大会場のビッグマッチより後楽園ホールやディファ有明のような小規模でもプロレスを理解したファンが集まるような会場で行なった方が良いカードだと思います。
決して派手な試合にはならないけど、記憶に残る試合になりそうな気がします。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。