花火の音が聞こえる

2007年9月29日

小雨が降っていたので最初はカミナリが鳴っているかと思った。
夕飯の買い出しに地元駅前の商店街までお出かけ。
買い物を終えて商店街を歩いていると「ポン、ポン」と空から音がする。
何の音かと思っていたけど、歩いていて思い出した。
今日は多摩川縁で花火大会のある日だった。
例年なら8月半ばから末ぐらいに開催されるけど、今年は参議院選挙のせいで9月末に延期されたんやっけ。
季節外れやから、すっかり忘れていたわ。
今年は(今年もか)花火大会なんていう華やかな催しには無縁だったから、ちょっぴり見たかった気もする。
この花火大会自体は19:30という割と早い時間に終わるんやけど、大混雑で道路も鉄道も混乱して渋滞やダイヤ乱れをおこすぐらいやから見に行ってたら帰りは遅くなっていたと思う。
今日は天気も悪かったし冷え込んでいたので、ちょっと花火を見るにはコンディションが悪かったやろね。
そういう意味では見に行かんで正解やったかも。
やっぱり花火は夏の蒸し暑さが少し和らいだ夕暮れに見るんが、自分の気分的には似合っているような気がする。
来年の夏こそは豪快な大玉が開くところを生で見たいね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。