今がチャンスだ!

ショッカーや死ね死ね団から虎縞ビキニの宇宙人の皆さんまで、今がチャンスですよーッ!
えっ、何がって。そりゃ日本制服征服に決まっているじゃないですか。
だって日本のトップである総理大臣がいないんですよ。
トップがいない時に攻め込むのは基本でしょ。


冗談は置いといて、ちょっとwikipediaで調べてみました。
総理大臣不在の期間は以前は副総理をあらかじめ任命しておいて不在時に代理に立っていたのが、2000年からは官報に5名まで代理の候補を記載しておくようになったらしい。で、現状は内閣官房長官が代理を行なうようになっているとのこと。
でも所詮は代理。
緊急的な防衛行動による自衛隊の出動指令と最高監督指揮権の行使を腹をくくってやれるかはとっても怪しい。
ということはやっぱりチャンスですね。>悪者の皆さん。


私的には次の総理が誰になろうがあまり大きな変化はないと思っている。
というか先の選挙で現状の自民党&公明党の連立政権では納得できていない人が増えているので、現政権を維持させるのに国民を納得させる材料は乏しいと思う。結局は国民に信を問う事になってしまうんではないだろうか。
でも民主党が政権をとってもみんなが薔薇色の未来を描けるかというとそうでもなかったりする。
今の政治家が大同小異なのでさめちゃっている人が多いんではなかろうか。
それなら我々庶民の暮らしをよくしてくれるのなら悪の帝国に魂を売るのも…(まだ言うか)
それより心配なのは安倍元首相の体調。
私が鬱病であるという分を差し引いてみても、メンタル面から体調を崩したのがよく判る。
多分に「俺がやらなきゃ」と思って選挙の大敗にも関わらず政権を維持したのはいいけど、批判の矢面に立つ事でメンタルがやられてしまったんやろうね。
職務を全うする責任感は重要やけど、無理なら無理と潔く退くのも必要やと思う。
自分が鬱病を患って周りに迷惑や心配をかけたのでようわかる。きちんと引き継いで空白を開けないほうが社会としても個人としてもベターな方法やね。
まぁ私みたいにゆっくり直してから社会に戻ってくればいいんよ。
しかしこういう時に政情が不安定な国家だと軍閥が政治をコントロールしたり、国民が一斉蜂起したりすることもあると思う。
そういう事が起きずに政治的決着が図られるのをまつ日本ってまだまだ平和だなぁと思うね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。