開幕まで1ヶ月

バックスの戦力補強が心配やなぁ。
アジアリーグアイスホッケーの開幕まで1ヶ月を切りました。
ほかのチームは続々と新戦力の補強を果たしサマートレーニングで鍛えているようです。
一方、我らがアイスバックス。先日トライアウトの結果とアニャンハルラから瀬高選手の移籍、そして守護神橋本選手のとの再契約が発表されました。
一応選手の数は揃いましたが、昨年からの上積みがあるわけではありません。
引退や移籍したメンバーを考えると計算できる戦力は足らないのが実状です。個人的には佐藤正和選手退団の穴をどうやって埋めるのか心配しています。
お金があれば空いている外国人枠を使いたいのですがそれは難しいようです。
と、なると残るは選手自体のレベルの底上げが必要になってくるようです。こうなると期待するのは若手と言うことに。特に2年目の波多野や大日向、向坂といったあたりにはがんばってほしいところです。
ただ今年は日程の都合でプレシーズンマッチが無いようなので、ぶっつけ本番になるのは心配です。


心配と言えば財政状況は見えない部分が多いです。フロント陣はスポンサー集めに奔走しているようです。
個人的には東武鉄道とタイアップできないかなとずっと思っています。
「入場券付きバックス応援日光浅草往復切符」の発売やバックス応援臨時快速を試合当日に走らせて乗客増につなげることもできそうな気がします。地元栃木の大企業を活用しない手はないと思います。
日本のアイスホッケーの灯をともし続けるにはもうチームは減らせない状況です。それだけに今年のバックスは試合も経営も注目を浴びる存在です。
厳しいサバイバルが続きます。でも私たちファンが愛し続ける限りその勇姿を氷上に見せてほしいです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。