はなさないけど、はなせない

はなさないけど、はなせない

Mobile

私の携帯なんか間違い電話以外かかってけーへんからなぁ(笑)
asahi.comの『ケータイは電話にあらず? 通話「ほとんどない」44%』より

ケータイはもう「電話」ではない? 携帯電話のヘビーユーザーの4割強が、携帯をほとんど通話に使っていない実態が、民間研究所の調査で浮かび上がった。1人当たりの利用料金も減少する一方で、携帯電話会社は新たな収益源探しを迫られている。
(中略)
だが、1日の通話回数は「ほとんどない」が最も多く、44%を占めた。「3回未満」(35%)と合わせ、約8割がケータイを「電話」として活用していない格好だ。

もうケータイは電話ではない使い方の方が主になっているようです。
かくいう私もメインのPHSですら月額通話料は100円前後です。
普通の人は「どうしても相手の声を聞きたい」というシチュエーションはどんどん少なくなっているのではないのでしょうか。


単純な用件を伝えるのなら送信記録が残るメールで充分です。
急ぎの用件の場合は通話が必要なことが多いですが通話時間はそれほど長くないと思います。
音声通話は会社や家族、友達から急ぎの用件があるときだけにつかう「待ち受け」が今後も主流になっていくと思います。
逆に声を聞きたいのは親しい仲での案外たわいもない長時間の会話だったりします。そういう用途にはソフトバンクモバイルのホワイトプランやウィルコムの070定額のような定額プランでないとなかなか話しにくい状況です。
技術的には音声通話よりデータ通信の方が回線には負担がかかります。
しかしパケット代は定額化の方向に進んでいるのでケータイキャリアの収入源とはなりません。
あたらしいサービスやコンテンツを用意しないとキャリアの収入はジリ貧になるのではないのでしょうか。
たとえばロケーションフリーテレビの技術を応用して、自分の家のHDDレコーダーに溜めた画像をワンセグ程度の品質に落としてどこでも自分の見たい放送が見られるようなサービスを有料で提供すれば、ワンセグ以上に人気が出てサービス収入が増えるような気がします。
もうケータイは電話ではなく個人のパーソナルコンテンツプレイヤーとして割り切ったほうがいいような気がします。そのような流れの中でスマートフォンが普及してゆくのではないのでしょうか。

Pocket