画素数

2007年7月9日

今日、テスト通勤からの帰り道。
ちょっと書店によるため新宿駅の地下通路を歩いていて目に留まった大型広告。
「1220万画素で28mm広角撮影」のキャッチコピー。
営業妨害といわれたら困るんで名前は伏せるけど、いかにも奇麗に写りそうなコンパクトデジカメの宣伝やった。
でもこのメーカのカメラ、売れてはいるけどプロやハイアマチュアからは決して高い評価を得ていません。


それはこのメーカがスペック上の数字ばかりにこだわっているから。
スペック上の数字が高ければカメラに詳しくない人は「数字が高いからいいんだろう」と思い込んで、購入しているんやろうね。
カメラ量販店でも、そういう売りかたしてるとこ多いしね。

でも画素数が多いからといってデジカメは奇麗に写るわけやないです。

なぜなら画素数はカメラが写るための要素の一つでしかないから。
画素数が高いほど有利なのは大きく印刷した時に細かい所が描写できるかが違います。
でもその違いは600万画素程度を超えるとA3サイズぐらいにプリントしないと違いは判りません。
一般に写真をプリントアウトする時に使われる「L版」というサイズなら500万画素もあれば充分やったりします。
Blogに載せる程度なら高性能携帯電話についている300万画素もあればおつりが来るほどです。
コンパクトデジカメなら、高い画素数は値段ほどのメリットはありません。
お金出すんやったら、スペックの低い入門者向け一眼レフデジカメの方がよっぽど奇麗に撮れます。
正直、600万画素程度のコンパクトデジカメならどのメーカーでも変わりはないと思います。
あとは個々の機種の発色の癖、デザイン、値段で決めても問題はないでしょう。
目安としては、お店のプリントサンプルを見て自分の使っているプリンタと同じメーカーで印刷したサンプルを見て、奇麗に見えるカメラがあなたに合ったカメラです。
つまり自分の目で見て、奇麗と思ったカメラが一番だったりするんです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。