アドエス、タッチ&トライイベントに行ってきました

今日からウィルコムのアドエスこと「Advanced W-ZERO3[es]」のタッチ&トライイベントと予約が始まりました。
ヨドバシakibaにも多数のホットモック(実際に動作する展示機)が用意されていました。ホットモックを触ろうとたくさんの人が並んでいました。



アドエスを触って最初に思ったのが「軽い!」。
確かにグラム単位で軽くはなっているのですがそれ以上にカラーリングや幅や厚みがスリムになったことが体感的に軽く感じさせるようです。
またスリムになったことでジーンズの後ろポケットにも楽々入ります。普通のストレート携帯と同じ感覚で取り扱えそうです。
アドエスの売りである液晶画面の解像度向上は数字以上に快適です。たとえばOPERAブラウザで、すろー・ふぉわーどやスラッシュドットジャパンを見ても画面が破綻することも無く閲覧できました。
気になっていたのがタッチホイール「Xclowl」の操作性です。iPodのホイールと同じ感覚で操作できるので、今までのスクロールボタンより快適に操作できます。
OPERAブラウザのスクロールで試しましたが、動作もわりとスムーズでした。またGoogle Mapも試してみましたが地図の転送が通信のせいで追いつかないのでこちらはスムーズとはいえませんでした。でも画面はきれいでした。
キーボードも数字キーがないので最初は戸惑いましたがキーが大きくなっていることで入力はしやすかったです。慣れればずっと早く入力できそうです。
カメラは旧[es]と同じスペックのはずですが、シャープで落ち着いた感じの写りでした。また画面回転キーの長押しでカメラが起動できるように初期設定されているので便利です。
また電池の持ちに関しては、スタッフの方が無線LAN使用時でも電力消費を下げるように待機時に間欠動作するようなツールを配布するかもしれないとのことでした。
一通り触ってみて旧[es]のソフト・ハード両面をしっかりと改善している印象を受けました。スタイラスが内蔵できなくなったのは個人的に不満ですがそれを我慢しても乗り換える価値はあると思いました。
アドエス、お勧めできます。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。