三戦目はオーバータイムの死闘

アジアリーグ アイスホッケー ファイナル第三戦(釧路)
コクド
4 – 5v 日本製紙クレインズ
(アジアリーグサイトより)

第三戦はコクドが先制するもクレインズがひっくり返して一時は3点差のリードを付けます。
しかしコクドが第三ピリオドに追いついてオーバータイムに突入。
最後はクレインズがゴールを決めて、優勝に王手をかけました。
東伏見に戻って背水の陣のコクドの逆襲はあるのか。
それとも一気にクレインズが敵地で優勝を決めるのか。
最後まで目が離せません。
しかし、何でこんな面白いゲームがテレビで放映されないのだろう。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。