琢磨、6位入賞

着実に結果を残しているなぁ。
Nikkansports.comの『琢磨6位入賞!王者アロンソ抜いた/F1』より

佐藤の視界にライバルが入ってきた。70周のレースの68周目。総合王者アロンソ(マクラーレン)だ。だが「カミカゼ・タクマ」に気後れはない。ヘアピンカーブの直後、一時は離されかけた。必死にアクセルを吹かして食らい付く。直線では、最後までブレーキを我慢した。世界チャンピオンを左から抜き去った。

F1カナダグランプリにて佐藤琢磨選手が6位に入賞しました。スペイングランプリでの8位に続いて今シーズン2度目の入賞です。
チームスーパーアグリ・ホンダは2年目の弱小チーム。シャーシもエンジンもまだまだ発展途上の段階でフェラーリやマクラーレンと言った強豪チームとはレースマシンもチーム運営も雲泥の差。はっきりいって大人と子どもぐらいの差があるはずです。
その実力差をコーナーを攻めるハートとテクニックでカバーして、昨年のF1王者アロンソを抜き去って6位の座を勝ち取った事に意義があるなぁ。
これでドライバーズポイントも4となり順位も11位となりました。
この勢いでカミカゼ・タクマが日本のモータースポーツの牽引者となって欲しいですね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。